2014年12月22日、理化学研究所 予防医療・診断技術開発プログラム(PMI)は、順天堂大学との第2回共同研究発表会に参加しました。
理研と順天堂大学は、2012年に包括基本協定を締結し、科学技術の振興や人材の育成のための協力関係を構築してきました。PMIは、この基本協定に基づき、順天堂大学において臨床現場で抱えるニーズの調査を行うとともに、理研の研究シーズと照らし合わせて、多くの共同研究プロジェクトを立ち上げ、推進してきました。
理研・順天堂大学の連携2年目となる今年の研究発表会では、順天堂大学の小川秀興理事長および理研の川合眞紀理事の開会の挨拶に次いで、PMIの林崎良英プロジェクトディレクター、順天堂大学の新井一医学部長による基調講演が行われました。基調講演の中で、林崎プロジェクトディレクターと新井学部長は共に、一連の共同研究が将来の病院を大きく変える技術に展開していくという見通しを述べました。各共同研究プロジェクトに関する活動報告が行われた後、順天堂大学の小南英紀学長、理研の大江田憲治理事のあいさつで閉会しました。
今回の研究発表会では、より進展した成果や展望が発表され、今後の協力関係のさらなる強化に弾みがつきました。